タイガの森フォーラム
Taiga Forum
Тайга Форум
2010.03.4
インタビュー Vol. 2 猟師の女房のつぶやき

人を通じてタイガと出会う 「FACES, VOICES, SPIRIT」、

今回はビキンの猟師の奥さん タティアナ・スンディガさんのインタビューをお届けします。

2月、クラスニヤール村に着くと誰も彼もが〝タティアナの生んだ男の子を見てこい〟と言ってくれたので、お言葉に甘えてお邪魔してきました。

どうぞご覧下さい、(野口)

————————————————————————————————-

―  こんにちは、わっ !蒼いね ・・・ 瞳が

あ、これはヴォーバ (ご主人ウラジミルさんの愛称) のお母さん (ロシア系) の血よ。

― 生まれたのは去年の12月の・・・

23日、2009年の12月23日よ。

- ということはいま生後2ヶ月 ?

そっ。この子ったら、生まれた時に4,730グラムもあったの。

で、いまもう7キロもあるわ。

― 立派だね それは !

名前は、う~んと、ヴラディ・・・なんだっけ ?

ヴラディスロフ、

わたしは〝ニキータ〟っていう名前がいいなと思ってたけど、あの人 (ご主人) が〝男なら名前はヴラディスロフだー !ぜったいだー !〟って (笑)

― ヴラディスロフかー。強そうな名前だね、

〝ヴラディク〟って呼んでるわ。

私は娘が欲しかったんだけど、もう慣れちゃった。

あの人はものっすごく男の子を欲しがってたから、この子が男の子でめちゃくちゃ喜んでる。

― ははは。ヴォーバの勝ちか、

この子が生まれた日 あの人 病院へ電話をくれて。で、あたしが電話に出るなり

〝スパシーバ (ありがとう) タティアナ !男の子を生んでくれて !!〟って (笑)

- ははははは、、、で、ヴォーバは今日は ?

タイガへ行ってるわ。

― そっか、

あの人、村や家に長くは居られないわ、

〝でっかいシカが獲れたぞー !〟ってやっと村へ帰ってきてくれたと思っても 2、3日でまた次の猟の支度を始めてタイガへ行っちゃうのよ、

- まるでタイガに惚れてるみたいだね、ヴォーバは

そっ !タイガに惚れてるのよ、あの人 !(ため息)

タティアナさんの夫、ヴォーバ(ウラジミル)さん、ビキン川で

〔PHOTO〕 タティアナさんの夫、ヴォーバ (ウラジミル) さん、ビキン川で

- ヴォーバが猟へ行ってる時ってさびしい ?

あったりまえじゃない !!

、、、ものっすごくさびしいわ、

― ヴラディクが居ても ?

ええ、

- う~んとさ、どう思う?きみが彼を恋しいのと、彼がきみを恋しがるのと、どっちがまさってる ?

あたしがあの人を恋しいのはまちがいない、

あの人があたしをどれくらい恋しがってるかなんて知らないけれど、携帯の圏内にいるときは毎日家に電話してくる。

で、真っ先にこの子が元気かどうか訊くの、〝寝てるかー、起きてるかー〟って。

― なるほど。けっこう年下だよね、ヴォーバは。旦那さんだけど、なんとなく弟や友達みたいな感じは・・・?

いいえ、夫よ。弟とか友達みたいな感じじゃないわ。

- そっか。今週村でヴォーバに会った。なんだか顔つきが凛々しくなったような気がしたよ

、、、そういえば、アリョーナ (前の旦那さんとのあいだの娘) は ?

勉強してる、ウラジオストクの大学で。

― 専攻は、ビジネスだっけ ?経済 ?

ツーリズムよ。旅行業に関心を持ったの。

― なるほど・・・

ツアーといえば、ツアーのときお客さんがこの家にホームステイするのってしばらく無理かな ? ヴラディクが大きくなるまでは

今すぐはちょっと無理。でも、今年の秋くらいからなら大丈夫かも。様子をみてきめるわ。

― わかった。話を聞かせてくれてありがとう

どういたしまして。

― そうそう、あした晴れたらタイガへ行くよ、セリョージャ (※) と

(※ タティアナさんの兄でインタビューVol. 1 に登場した猟師セルゲイ・カルーギンさんのこと)

#25 Tatiana Sundiga with Her Son Vladik

そっ。気いつけて。

- ありがと、

(2010年2月27日)
————————————————————————————————-

NOGUCHI - May 2006

聞き手/インタビュアー 野口 栄一郎、『タイガの森フォーラム』/国際環境NGO FoE Japan


COMMENT





■この記事のトラックバックURL
http://taigaforum.jp/index.php/features/interview/20100304/tatiana1/trackback/