タイガの森フォーラム
Taiga Forum
Тайга Форум
谷口正次
Masatsugu TANIGUCHI / Масатсугу ТАНИГУЧИ

アフリカや南米など遠い国の森林をグローバルな視点から守ることは非常に重要であることはいうまでもありません。しかし、日本海を挟んで北海道の目と鼻の先の対岸、極東シベリアのアムール川支流、ビギン川の流域に極めて美しい森があるのです。それがいま危機にさらされているのです。560kmにわたるビギン川一帯の広大な森林からアムール川を通じて供給される栄養素によってオホーツク海の豊かな水産資源の恵みを我が国も受けているわけです。この森には、いまも狩猟採集をベースとした先住民、ウデへ族が暮らしています。「タイガの森」と彼らの文化・伝統を守るという意思を、2010年10月の生物多様性条約COP10 における生物多様性に対する日本のメッセージの一つとして発信すべきと考えます。